JDA-DAT兵庫

兵庫県栄養士会災害支援栄養チーム(JDA-DAT兵庫)

 災害支援栄養チーム(Japan Dietetic Association-Disaster Assistance Team)
通称:JDA-DAT(ディーダット)は、災害発生地域において栄養に関する支援活動が出来る
専門的トレーニングを受けた栄養支援チームとして、東日本大震災を機に日本栄養士会より
発足され、年に1回JDA-DATリーダー養成・教育研修会が開催されています。
 

★JDA-DATの目的

 JDA-DATは、国内外で大規模な災害(地震、台風など)が発生した場合、迅速に被災地内の医療・福祉・行政栄養部門と協力して、避難所、施設、自宅、仮設住宅等で、緊急栄養補給物資の支援など、状況に応じた栄養・食生活支援活動を通じ、被災地支援を行うことを目的としています。

★広報活動

 JDA-DATでは、災害支援医療緊急車両「JDA-DAT河村号」を
利用して、復興支援プロジェクトなどを行っています。
平成26年1月18日に兵庫県神戸市を出発し、各地でイベントや
研修会に参加しています。
JDA-DAT河村号とは、キッチンボックスを搭載した車両(キッチン
カー)です。平時は、各都道府県栄養士会でのJDA-DAT活動に利用
し、災害時には、JDA-DAT災害支援医療緊急車両として活動します。
 

★育成研修

平成24年より(公社)兵庫県栄養士会でもスタッフ養成研修を毎年実施しています。
現在、兵庫県栄養士会ではJDA-DATリーダー18名 スタッフ61名(平成29年4月現在)が養成研修を修了し登録しています。 
 
◎第1回JDA-DAT兵庫スタッフ育成研修
 日時:平成24年7月28日~ 4日間
◎第2回JDA-DAT兵庫スタッフ育成研修
 日時:平成25年8月4日~ 4日間
◎第3回JDA-DA兵庫スタッフ育成研修
 日時:平成26年9月13日~ 4日間
◎第4回JDA-DAT兵庫スタッフ育成研修
 日時:平成27年8月8日~ 5日間